人工知能の効果的な勉強方法は!? 早稲田大学も採択した専門スクール。

2018年10月27日

アマゾンエフェクトの名のもと、様々な変革が加速する昨今、ITスキルはビジネスマンに共通する強力な武器(付加価値)となりつつあります。その中でも、 AI 技術に精通した人材は世界的にも不足しており、キャリアアップを狙ううえで魅力的かつ強力なスキルとなっています。しかしながら、 人口知能 をどのように学べばいいのか、具体的な勉強方法をお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、その広大な領域の効果的な勉強方法として、早稲田大学でも採択された人工知能特化型の プログラミング ( Phython : パイソン ) スクール をご紹介します。

 

本格化する世界的な人材争奪戦!

世界的に広がる人材不足

昨年末、中国のテンセント・リサーチ・インスティテュートが「グローバル人工知能人材白書」という調査結果を発表しました。

同書によると、世界的に見て、 AI 人材の需要と供給の関係は次の通りだとしています。

 

AI人材不足の実態

● イノベーションをリードできる人材はわずか1,000人しかいない
● その下で働く人材もわずか30万人しかいない
● しかし、世界的に必要とされる人材の総数はおよそ100万人にものぼる

 

誰がどう見ても、 人材不足は明らかな状況です。

そして、スマートスピーカーの普及しかり、生活に溶け込んでいくようなイノベーションが起これば起こるほど、需要と供給の乖離は更に広がる(=人材不足の加速)と考えられます。

つまり、 AI 人材ということがビジネスマンにとっての非常に強力な付加価値になるのは間違いありません

 

高額化する平均年収

上述の通り、これだけ人材不足になれば、当然のことながら争奪戦は加熱します。そして、その結果として年収が押し上げられていくことになります。

近年、日本企業は、高額年収を提示する海外企業の後塵を拝してきました。しかし、ここにきて巻き返しを図っています。なんと、年功序列の壁をかいくぐるため、あえて別会社を設立し、そこでスキルを持った人材を 年収 2,000万~3,000万で採用しはじめているのです。

 

 

もはや、某中国系企業のスマホメーカーの高額初任給に驚いている場合ではないです。

 

 

AI 人材への最短距離( 勉強方法 )は、『理論』と『実践』の両立!

何でもそうですが、『理論』と『実践』をバランス良く積み上げることです。

『理論』だけでは、研究・開発現場とのコミュニケーションがきちんと取れず、マネージメントするだけでも思わぬトラブルを招いてしまうおそれがあります。

逆に、『実践』だけでは、よりパワフルなツールを生み出すために必要な知識という名の”武器”が不足してしまうのは明らかです。

 

AI:勉強方法(理論と実践のバランス)

 

 

AI を生み出す代表的なプログラミング言語:Phython( パイソン )の重要性

最近、書店で関連書籍を見ていると必ずといっていいほど、 Phython という言葉が目に入ります。その理由は、 Phython ( パイソン )が次の点において、絶大な人気を誇っているからです。

つまり、『Phython を学ぶこと』=『AIスキルの習熟への第一歩』といっても過言ではありません。

 

Phython人気の秘密

● 文法が簡単でシンプルなため、初学者が プログラミング の 基礎 を学びやすい
● それでいて、「機械学習」や「データ解析」を容易に実装でき、AI との親和性が高い
● そのため、習得すれば数ある言語の中でも将来性がある(年収アップが狙える)

 

実際、IEEEが2018年に公表したランキングでも堂々の1位を獲得しています。

ai-phython
出典元:” https://spectrum.ieee.org/at-work/innovation/the-2018-top-programming-languages ”

 

 

Phython を基礎から学ぶ最良の環境。人工知能特化型スクール !

早稲田大学にも採択された実績!

今回、ご紹介するのは Aidemy が運営する『人工知能特化型の プログラミング スクール 』です。

一言、人口知能といっても、『音声認識』、『画像認識』、『自然言語処理』、『アプリ開発』等の多岐にわたるコースを自由に受講できるようになっています。このため、よりご自身の業務に適した領域を 基礎 から学ぶことができます。

2017年から2年連続で早稲田大学のプログラムにも採択されており、その信頼性と実績もお墨付きです。社会人 の学びなおしにもピッタリです。

AI勉強:プログラミングスクール

 

また、漠然とした不安や悩みをお持ちの方を対象とした無料カウンセリングもやってくれています。 今すぐに勉強したいわけではないが、少し悩んでいるという方は、まずは気軽に相談してみるのもありだと思います。


 

スクール を活用することのメリット・デメリット

最後に、スクール を活用することのメリット・デメリットを比較すると、およそ下表の通りです。

メリット デメリット
  • システム環境を自前で構築する必要がない
  • 自身の業務内容に応じて効率よく勉強できる
  • 何か疑問点や不明点があれば、その場で専門家に質問できる
  • 『理論』と『実践』の両側面からバランス良く勉強することができる
  • とにもかくにも値段が高め
  • 時間と場所の拘束を受ける

 

費用対効果をどう考えるかは人それぞれだと思います。

ご興味がある方は、是非、無料カウンセリングから活用をご検討いただればと存じます(^^