AppleCare は必要? ” 高い “だけの補償から卒業して『 モバイル保険 』を。

2018年12月2日

過去2回にわたって嫁がiPhoneの画面を割ってしまったため…、その度に AppleCare のお世話になってきました。毎回、「入ってて良かった…、有難い!」と思っていたのですが、よく考えれば単なる保険です。

となれば、「より良心的な商品(=保険)があるのでは?」「えてしてメーカー保証が一番割高で損しているのでは?」と考えはじめてしまい早速色々と調べてみました。

本記事では、その結果、コスパ抜群の保険商品『 モバイル保険 』を見つけたのでご紹介したいと思います。

 

安心なモバイルライフを提供する『 保険の新しいカタチ 』

モバイル保険の補償内容と料金体系

まずは保険商品としのて基本となる『補償内容』と『料金体系』をご説明したいと思います。いずれも非常にシンプルです。

 

非常にシンプルな補償内容・料金体系

モバイル端末の修理費用を全額保証してくれます。

まず、対象となるケースは『破損』『水没修理』『盗難』『メーカー修理不能』の4ケースです。4ケースというと少なく感じますが、スマホの補償内容としては網羅されているといっても過言ではないと思います。

そして、この補償を受けるための料金は月額700円のみとなります。補償内容に応じて掛け金が変動したり、修理時に追加請求されることはありません。但し、年間で最大10万円までです(この金額を超過することは無いと思いますが)。

 

最新端末もカバーする充実のラインナップ

格安保険ともなると、メーカー保証ではないため、補償対象となるスマホが型落ちなどに制限されるのでは?という懸念が生じます。

しかし、モバイル保険では、iPhoneXSをはじめとする最新機種も補償対象としてくれますので、この点は非常に安心できるポイントですね。

 

モバイル保険の概要

補償サービスを受けるまでの基本的な流れ

サービス利用の流れについては、一般的な保険商品と比較しても特に難しい手続きがあるわけではなく簡単に利用できます。

Step1
故障
補償対象として登録している端末が事故にあった際にサービスを利用できます。
Step2
修理
お近くのお好きな修理店で修理いただけます(AppleStore等の正規代理店に限定されることはありません)。なお、修理不能な場合は、その旨が記載された「リペアレポート」をご取得ください。
Step3
保険金申請
Web上のマイページから、簡単操作で手軽かつスピーディーに保険金を申請できます。
Step4
保険金請求
審査のうえ、申請受付日の翌日から5営業日以内に保険金が支払われます。

 

提携ショップならキャッシュレスで利用可能

一点だけ特筆するとすれば、モバイル保険が提携しているリペアパートナーに持ち込めばキャッシュレス(=一時的な修理代の立替不要)で修理してもらえる点でしょうか。

保険金申請の手間も省けますし、一時的な出費とはいえ、高額なスマホ修理代の出費がなくなるのは非常に有難いですよね。

 

AppleCareのライバル

 

モノではなく人に紐づくからこそ得られる安心

サービス名称から受けるイメージとは良い意味で異なる魅力があります。

それは、あくまでモバイル端末というモノではなく、その持ち主に紐づく保険という点です。

それ故に、次のような『 モバイル保険だけのメリットが得られます。

 

スマホ以外の端末も2台までなら一契約で補償

あくまで人に紐づくというコンセプトなので、契約者が持っているモバイル端末であれば、スマホ以外にも追加で2台まで補償してもらえます。

我が家もそうですが、最近、スマホに加えてタブレット端末をお持ちの家庭も多いかと思いますので、これは嬉しい限りです。但し、Wi-Fiに接続できる機器である必要があるのでご注意ください。

 

スマホを買い替えても安心の補償継続

これも人に紐づくというコンセプトなので、契約後、仮にスマホを買い替えたとしても補償は継続されます。買い替える度に契約する費用(特に初期費)や手間が発生しないのは非常に有難いです。

 

モバイル保険の魅力

 

利用時の注意点

ご利用にあたって特に押さえておきたいと感じたのは次の3点です。その他の注意点につきましては、コチラをご覧ください。

 

古いiPhoneのサポートしてもらえる?

購入1年以内かつ、全機能が正常に動作するという条件付でサポート登録可能です。

 

家族名義のスマホを追加登録できるか?

家族の誰か1人だけ加入し、その他の人のスマホを追加登録できればコスパ最強といえます。

果たしてそんな事ができるのか?というと、家族名義の端末機器でもサポート登録可能です。

 

中古品やSIMフリー端末もサポートしてもらえる?

販売店の3ヶ月以上の補償がついており、日本法人のあるメーカーのものであればサポート登録可能です。

 

 

AppleCare を圧倒するコストパフォーマンス

最後に、iPhoneXSの補償を受ける場合を例に比較してみたいと思います。

モバイル保険 AppleCare
利用料金 月額700円
※ 非課税
2年一括で税込24,624円
※ 月額に換算して1,026円
補償料金 年間10万円まで 画面の損傷:3,400円/回
その他の損傷:11,800円/回
を計2回まで
利用回数 無制限 2年間で2回まで
補償台数 計3台まで登録可能 1台
補償内容 特に差はありません
※ 2018年9月、AppleCareの補償内容に盗難・紛失プランが加わったため差はなくなりました

 

いかがでしょうか。

メーカー保証というと何となく漠然とした安心感がありますが、改めて整理・比較してみると圧倒的に『 モバイル保険 』の方がコストパフォーマンスが抜群といえます。

 

 

まとめ ~漠然とした安心感ではなくコストメリットを~

本記事では、スマホを対象とした新たな保険のカタチとして『 モバイル保険 』についてご紹介してきました。

比較した結果からもおわかりになる通り、現実問題、メーカー保証という漠然とした安心感に特別な価値はなく、補償さえしてもらえれば問題ないのです。既にメーカーや店舗などで何らか保険に加入されている方もいらっしゃるかと思いますが、買い替えや契約更新のタイミングで改めてご検討いただければと存じます。

なお、個人的な所感ですが、いわゆるビッグ3のキャリアから格安スマホに乗り換えた時と同じような感覚なのではないしょうか。『利用当初こそ多少の不安はあれど、使ってみたら中身は一緒だった』という感じです。