Luxeritas の『 高速化一括設定 』の威力は!? 実績と注意点をご紹介。

Luxeritas は高速なテーマとはなりますが、設定次第では初期設定よりも更なる『 高速化 』が可能です。そこで本記事では、その設定変更時の注意点に加えて、本サイトの設定状況をご紹介したいと思います

お読みになった皆さまのご参考になれば幸いです。

 

本サイトにおける実績(2019年2月16日時点)

まずは本サイト( Luxeritas )における実績をご紹介いたします。本記事で紹介する方法以外にも色々と試しておりますが、現状は次の通りです。その他の方法については別記事で順次ご紹介していきたいと思います。

 

諸条件

PSIにおける計測時の諸条件は次の通りです(本記事を書いている時点となります)。

項目 現状
レンタルサーバ さくらのスタンダードプラン
WordPress 5.0.3
テーマ(親) 3.5.8
テーマ(子) 3.0.0

 

モバイルサイト:100点

google-psi-mobile-20190216

 

PCサイト:100点

google-psi-pc-20190216

 

 

Luxeritas の『 高速化 』と『 安全性 』を両立するなら!?

『 高速化一括設定 』の 一撃 が 効果抜群

新しいバージョンでは、『 高速化一括設定 』を搭載しています。従来、個別で対応が必要だったポイントを一括で設定変更してくれるので非常に便利です。古いバージョンを利用されている方は、これを機にバージョンアップをご検討ください。

luxeritas の 高速化

 

本サイトにおける『 推奨設定 』からの変更は3ステップ

本サイトにおける設定変更は3ステップで完了しています。具体的には下記の通りとなります。是非、ご参考にしていただければと存じます。

高速化一括設定

 

①『 推奨設定 』をクリック

『 推奨設定 』をクリックしてください。各パラメータが推奨値に変更されます。あまり過激な設定にすると安定性が損なわれるため、下手に変更することはおススメしません。

 

②『 Lazy Load(画像の遅延読み込み)』のチェックを全て外す

こちらの設定は、サイトによって良し悪しが分かれるかと思います。

本サイトでは、下記記事でもご紹介している通り、Lazy Load で痛い目を見ているので全てチェックを外しています。チェックを入れたままとするか否かは慎重にご判断ください

 

③『 その他 』にチェックを入れる

本サイトではキャッシュ系のプラグインやサービスは活用していないので、『 バッファリングの逐次出力を有効にする 』にチェックを入れています。

下記記事でもご紹介しておりますが、 Luxeritas ではキャッシュが効果的ではないためです。

 

 

まとめ ~ 特に支障がないのであれば、そのままが吉? ~

本記事では、更なる 高速化 を実現するための設定方法や注意点をご紹介しました。

上述の通り、 Lazy Load の辺りはサイトによっても良し悪しが分かれます。色々とチューニングされる際には、逐一サイトの状態を確認しながら作業されることをおススメいたします。

末筆にはなりますが、お読みになった皆さまのご参考になれば幸いです