Word の『 透かし 』や『 図表 』が 消せない ? まさかの原因とは!?

業務上、 Word の契約書等がドラフト版であることがわかるようにするため、『 DRAFT 』と 透かし を入れる方は多いのではないでしょうか。私自信、顧客に提示する文書を作成する際には、まず『 DRAFT 』と入れるのが癖になっています。しかし、先日、同僚から引き継ぎを受けた案件にて、 透かし どころか挿入されている図も消せない契約書 に出くわしました。

本記事では、簡単ではございますが、透かしや図が消せなかった原因・対処方法についてご紹介したいと思います。

 

あれっ…『 透かし 』の設定がない? 図もクリックできない!?

私が遭遇したファイルを再現したのが以下です。何処からどう見ても『 透かし 』が設定されているように見えますが、同設定は施されていません。それにも関わらず、以下の図はクリックすることすらできません。

Word の 透かし

 

 

原因は、まさかの ヘッダー・フッター への埋め込み!

色々と調べたところ、「挿入」タブから編集できる ヘッダーとフッター に対して、図 や 文字 を埋め込んでいたことが原因でした。

上図の種明かしが下図となります。下図のように、ヘッダーかフッターに対して図表等を挿入することができます。

ヘッダー・フッターの編集

 

正直、これじゃ ヘッダーでもフッター でもなくないか…?と思わずにはいられません。しかし、実際問題、挿入することができてしまいます。

なお、対処方法は非常に簡単です。ヘッダー・フッターの編集画面にて、消したい 図表 や 文字 を消してしまえば完了となります。

 

 

まとめ ~ 普通に『 透かし 』じゃダメなのだろうか… ~

本記事では、私が遭遇した困りごとの原因と対処方法についてご紹介いたしました。同じ状況に遭遇してしまった方の一助になれましたら幸いです。